· 

ハザードマップを確認しましょう。

今月は、西日本で大きな豪雨災害が発生しました。

改めて、被害に遭われた皆様方にお見舞い申し上げます。

 

大きな災害がある度に思いますが、私自身が直接お手伝いできることは、本当に限られています。それよりも、まずは自分ができることを着実に行い日常生活を送ることが、回りまわって間接的に支援をすることになると思っています。

 

ハザードマップとは?

そして、私はどこかで災害がおこると、ハザードマップを見直すことにしています。

ハザードマップは、各市町村等で発行している、自然災害で想定される被害範囲を示した地図です。

わが町、東川町のハザードマップ。

大雨が降り、川が氾濫した時の予想浸水範囲と、土石流などの危険区域が示されています。

どのような内容なのかは、自治体によって異なります。

 

実家がある岩手県宮古市のハザードマップは、津波被害の内容に紙面の多くが割かれていますし、火山の噴火被害の内容という自治体もあるでしょう。これを見ると、大体どの辺が被害が大きくなりそうなのか、予想できます。

 

また、避難所の場所、避難の時通ると危険な道なども分かります。

いざと言う時は、何をしても慌てるのでしょうが、それでも普段から見ていると少し余裕が出ると思います。

普段から周囲の地形などにも注目!

ハザードマップだけでなく、普段から家の周りの地形なども気をつけてみると良いかもしれません。

 

我が家を例にとると、うちの空き地を挟んで1本川側の道路は、ちょっと低くなっています。これは、むかし川が流ていた跡だと、ご高齢のお客様から聞きました。

と言うことは、ハザードマップには載っていませんが、そこは雨の時には水が集まりやすいということになります。

以前から、畑からやたらと丸っこい石がたくさんでてくると思っていたのですが、川の周辺だったということがわかると納得しますね。

 

こういうことを少しでも知っていると、災害時の準備や避難の方法を考えることにも役立ちます。

防災と健康は考え方が似ている。

以前も別な記事で書いたことがあるのですが、防災と健康は考え方が似ていると、私は思います。

 

早くから対策や準備をしたり、早い段階で対応ができれば、症状や被害は軽くなります。でも、それが遅れると症状も被害も重くなり、その分元に戻すのも時間やお金がかかります。

 

防災のためのインフラ整備などは、なかなか進まないものですが、自分たちが普段の生活の中でハザードマップなどをチェックしておくことで、少しでも被害を減らすことも可能なのではないかと思っています。

 

近年、予想もしないような大きな自然災害が目立ってきました。いざと言う時のために、ちょっとでも身の回りの状況を再確認しておきたいですね。